製品情報

【触覚フォースプレート】摩擦計測 触覚計測 

微小なタッチ力の計測が可能な
「触覚フォースプレート」

指をなぞるぐらいの細かな感覚の計測が可能なフォースプレートです。
スマートフォンのフリック・タッチ力、布地の滑らかさ・摩擦力計測、化粧品や薬品の塗布力、小動物用のフォースプレートなどにご活用いただけます。

論文・技術情報

特徴

フルスケール(定格荷重)がFx・Fy・Fz=10Nのフォースプレートです。
また、トッププレートは透明なアクリルを採用しているので、プレート下にカメラを置く事で
指の変形具合などを記録することも可能です。

手術スキルの可視化や切開に伴う皮膚の抵抗評価、メスなど手術器具の評価などに

USLG-10 3軸力覚センサーを応用可能

定格容量:10N

重さ:12g

サイズ:H27mmφ10mm,14mm

小型だからセンサを仕込みやすい→例えば、メスを改造してUSLG10を間に仕込む

切開の際に「皮膚、臓器抑える力」と「メス側の切開するの力」が分離できる

カーボン素材をフォースプレートに使用した特注事例                  【高精度・超軽量・操作性向上】医療用途

東京大学 医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生 ご提供
東京大学 医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生 ご提供

特徴

  1. トッププレート及びベースプレートに剛性が高く軽量のCFRP材を適応
  2. ひずみゲージ式でも固有振動数が高く、早い現象に追従
  3. 小型で軽量な為、取り回しが良い

主な仕様

・トッププレート及びベースプレート材 CFRP

・サイズ   100mm×160mm×38mm

・重 量   380g (ケーブル含まず)

・定格容量  Fx,=±10N、Fy=±10N 、Fz=+15N、Mx=±0.9N・m、My=±0.5N・m、Mz=±0.6N・m

・固有振動数 Fx,Fy=370Hz、Fz=550Hz

・許容過負荷 定格容量に対し200%

仕様表

型式 TF-2020
定格容量    Fx: ±10N
         Fy: ±10N
         Fz: +10N
         Mx: 80N・cm
         My: 80N・cm
         Mz: 80N・cm
許容過負荷 200%
非直線性 ±1.0%RO
ヒステリシス ±1.0%RO
干渉度 ±2.0%RO
固有振動数 Fz=270Hz
温度補償範囲 10~50℃
許容温度範囲 0~70℃
サンプリング周波数 最大1000Hz
分解能 16bit
ローパスフィルタ 200Hz(-12dB/oct)
外部トリガ入力 有り(接点)
電源

DC5V(ACアダプター付)

外形寸法

(W)×(D)×(H)

本体      230×230×53mm

アンプボックス   120×105×30mm

重量

本体      2250g

アンプボックス   445g

 


【柔らかさ触り心地計測関連製品】
触り心地の数値化、定量化、評価を行う計測器は、触覚計測・触覚提示、弾力測定などの計測が可能です。
細かい指使いをされる職人の動作なども数値化することが可能です。細かい動きを計測することで職人の感覚や技術を数値化定量化でき、動きや動作を数値化することで技能伝承に役立てたりと様々な事柄に応用できます。

【YAWASA】やわらかさ計測 柔軟計測 圧縮計測 弾力計測 汎用タイプ
【HapLog】触覚・触感計測 Haptic skill logger
【ゆびレコーダー】触覚伝達・触覚提示
【触覚フォースプレート】摩擦計測 触覚計測

※指センサー・触覚センサー・触感計測器・触覚フォースプレートなどの特注品も可能です。


【大学研究所関連ページ】
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol1 フォースプレート 発揮力・踏む力測定装置 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol2 新型トレッドミル 歩行センサ・走行センサ 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol3 9軸モーションセンサー競技用ボート アスリート スポーツ
東京大学(東京都):医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート 摩擦計測 触覚計測
東京医科歯科大学:大きなステップ動作の計測(スポーツ等)に適した大型のフォースプレート TF-6090
鹿屋体育大学(鹿児島県):フォースプレート50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム
鹿屋体育大学(鹿児島県):スポーツパフォーマンス研究センター論文情報 競技用ボートアスリート
藤田医科大学(愛知県):藤田医科大学との共同開発により誕生した「リハビリテーション」に特化した製品も開発を行いました。
大阪大学(大阪府):健康スポーツ科学講座木下先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
大阪体育大学(大阪府):石川研究室負荷制御型トレッドミルの動画を追加。フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
立命館大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
同志社大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
名古屋工業大学(愛知県):田中先生のご紹介でFabCafe 渋谷さまに「ゆびレコーダー」を展示いただくことになりました。
近畿大学(大阪府):機械工学科五百井先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):保原浩明主任研究員 トレッドミル論文等情報


※株式会社テック技販は、京都府に本社がある日本国内計測器メーカーで、一般企業をはじめ、大学や研究所でも弊社製品をご使用いただいております。また、大学との共同開発も行っております。
多軸小型センサ・特殊ロードセル、計測器・データロガー、計測 制御ソフトウェア、試験 検査装置の設計、制作、特注品の製作など、お気軽にお問い合わせください。