カタログダウンロード
問い合わせ
製品情報

アンプ DSA-03 小型3CHシグナルコンディショナー

3軸力覚センサ対応アンプ、6軸力覚センサ対応(アンプ2台使用)
シンプルで使いやすい3CH一体型ひずみアンプです。
3段階のローパスフィルタ切替機能を持ち、低ノイズで精度の高い計測が可能です。
±5Vのアナログ電圧を出力します。
※3軸力覚センサの干渉補正演算は外部で行う必要があります
※干渉補正機能付の計測器としてDSS300をご用意しています

 センサー技術情報は、こちらから

仕様表

型式 DSA-03A
測定チャンネル数 3ch
適用センサ 120Ω~350Ωブリッジ
印加電圧 DC2.5V
ゼロ点調整範囲 オートバランス:±5000με(精度:±20με)
手動バランス:±200με(微調整用)
測定レンジ ±500、±1000、±2000、±5000μεの4段階切替。Dip-SWによるCH別設定。
校正値 +500με(精度0.5%以内) CAL-SWによる3ch連動
ローパスフィルタ 遮断周波数:約5、20、200Hz 減衰特性:-12dB/oct LPF-SWによる3ch連動。
出力電圧 ±5V
非直線性 ±0.1%FS
使用温度範囲 0~+50℃ 20~85%RH以下(結露なきこと)
電源 DC12V(約0.2A)
付属品 ACアダプタ、出力ケーブル3本
外観寸法 30(W)×128.5(H)×191(D)mm (突起部含まず)
別売品

DSA用入力ケーブル(15cm、NDIS規格コネクタ入力用)

DSA用コントロールケーブル(1.5m、DSS300-U用)

  • オートバランス機能付き

別売品

収納ケース(オプション)

カタログダウンロードはこちら▶多軸センサ・アンプ・データロガー総合カタログ

※掲載の製品は課題解決のための一例に過ぎません。課題解決のためのソリューションを一緒に考えます。お問い合わせください。


【大学研究所関連ページ】 ■東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol1 フォースプレート 発揮力・踏む力測定装置 動作解析東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol2 新型トレッドミル 歩行センサ・走行センサ 動作解析東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol3 9軸モーションセンサー競技用ボート アスリート スポーツ東京大学(東京都):医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート 摩擦計測 触覚計測東京医科歯科大学:大きなステップ動作の計測(スポーツ等)に適した大型のフォースプレート TF-6090鹿屋体育大学(鹿児島県):フォースプレート50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム鹿屋体育大学(鹿児島県):スポーツパフォーマンス研究センター論文情報 競技用ボートアスリート藤田医科大学(愛知県):藤田医科大学との共同開発により誕生した「リハビリテーション」に特化した製品も開発を行いました。大阪大学(大阪府):健康スポーツ科学講座木下先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!大阪体育大学(大阪府):石川研究室負荷制御型トレッドミルの動画を追加。フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型立命館大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型同志社大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型名古屋工業大学(愛知県):田中先生のご紹介でFabCafe 渋谷さまに「ゆびレコーダー」を展示いただくことになりました。近畿大学(大阪府):機械工学科五百井先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):保原浩明主任研究員 トレッドミル論文等情報


※株式会社テック技販は、京都府に本社がある日本の計測器メーカーです。小回りの利く開発で、時代の先端を行く 企業様・研究所様などの研究開発のお役に立っております。
多軸小型センサ・特殊ロードセル、計測器・データロガー、計測 制御ソフトウェア、試験 検査装置の設計、制作、特注品の製作など、お気軽にお問い合わせください。