カタログダウンロード
問い合わせ
製品情報

メモリレコーダー DLR1200 PCMemoryRecoeder

簡単接続・多CH高速サンプリング・多様なアプリケーションを備えたA/D変換器

 

ひずみゲージ式センサ・熱電対温度など

様々なアナログ現象を12CH/台(最大96CH/8台が1台のPCで接続可能)で同時計測

USBに接続するだけでパソコンがデータロガーに変身

カスケード接続で最大96CHの計測システムを構築

野外計測にも適したポータブルなコストパフォーマンス・モデル

製品名 PCメモリレコーダ
型式名 DLR1200
チャンネル数 12CH(最大96CH/8台)
分解能 16bit
入力レンジ ±10V
入力抵抗 約1MΩ
入力方式 シングルエンド
変換精度 ±0.2%/FS
サンプリング周波数

最大10KHz

※PC処理速度により制限される場合があります。

同時サンプリング 同時
外部スタート&プリトリガ

正/負論理TTL信号・接点信号

制御用デジタル信号

接点入力2点・接点出力2点(拡張ユニットより)

※制御機器のインターロック等はご相談下さい。

インターフェイス USB2.0
使用温度範囲 0~50℃ 20~85%RH以下(結露無きこと)
電源と消費電流

DC5V 約300mA(USBポートから供給・補助電源入力コネクタ有り)

※複数台接続時は、セルフパワーモードのUSBハブをお使いください

外形寸法 228(W)×110(D)×50(H)mm
OSと基本ソフトウェア動作環境

Windows7・10 32・64bit

メモリ4GB以上・CPUはIntrl Corei3以上を推奨


【大学研究所関連ページ】
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol1 フォースプレート 発揮力・踏む力測定装置 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol2 新型トレッドミル 歩行センサ・走行センサ 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol3 9軸モーションセンサー競技用ボート アスリート スポーツ
東京大学(東京都):医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート 摩擦計測 触覚計測
東京医科歯科大学:大きなステップ動作の計測(スポーツ等)に適した大型のフォースプレート TF-6090
鹿屋体育大学(鹿児島県):フォースプレート50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム
鹿屋体育大学(鹿児島県):スポーツパフォーマンス研究センター論文情報 競技用ボートアスリート
藤田医科大学(愛知県):藤田医科大学との共同開発により誕生した「リハビリテーション」に特化した製品も開発を行いました。
大阪大学(大阪府):健康スポーツ科学講座木下先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
大阪体育大学(大阪府):石川研究室負荷制御型トレッドミルの動画を追加。フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
立命館大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
同志社大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
名古屋工業大学(愛知県):田中先生のご紹介でFabCafe 渋谷さまに「ゆびレコーダー」を展示いただくことになりました。
近畿大学(大阪府):機械工学科五百井先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):保原浩明主任研究員 トレッドミル論文等情報


※株式会社テック技販は、京都府に本社がある日本国内計測器メーカーで、一般企業をはじめ、大学や研究所でも弊社製品をご使用いただいております。また、大学との共同開発も行っております。
多軸小型センサ・特殊ロードセル、計測器・データロガー、計測 制御ソフトウェア、試験 検査装置の設計、制作、特注品の製作など、お気軽にお問い合わせください。