カタログダウンロード
問い合わせ
製品情報

【シートトレーサー】3次元測定器

シートトレーサーは、テープ形状の3次元測定器です。カーシート、ベッドなど柔軟な物に挟まれた部分の変形を3次元座標で計測・解析する3次元測定器のシステムです。

一般的な3次元測定器やモーションキャプチャでは、柔軟な物に挟まれた部分は外部から見ることが出来ず、変形形状・3次元座標を計測することは不可能でした。

本システムでは、IMUを20mmピッチで配置したテープ形状のセンサを用い、IMUの姿勢角演算を応用することで、挟まれた部分の内部的な変形を計測することが出来ます。
たとえば、シートに座った時に生じるクッションの変形を経時的に計測・解析を行えます。
シートの座り心地や快適性、シートのへたり具合など今まで数値化できなかったデータを取得することが可能です。

ベットや家具などのクッション性や寝返りのしやすさなどにも応用されています。

ドライブシミュレーションにおける操作性(乗り心地)の評価やシート設計から、ベットや枕の形状計測にもご利用いただけます。

解析結果イメージ

座面3ライン
座面3ライン
座面3ライン+背面1ライン
座面3ライン+背面1ライン

特徴

フレキシブルプリント基板の特徴を生かした計測器

フレキシブルプリント基板上に慣性センサを20mm間隔で配置。
柔軟性を活かして滑らかな曲線を描く事も可能です。

※ 出荷検査における規定治具上で 静止状態での計測精度
※ 出荷検査における規定治具上で 静止状態での計測精度
耐荷重について

フレキシブル基板上の慣性センサチップ周辺を補強することで、柔軟性を残しつつも故障しにくい作りになっています。

耐荷重試験風景
耐荷重試験風景

約200N程度までの加圧に対して壊れないことを確認済み

計測について

シートトレーサの取り回しを、より簡易に!! シートパッケージC

◇シートトレーサを進化させ、リニューアル
◇BOXを50mmピッチで配置し6ラインを一体化、より密度の高い計測
を可能にしました。
◇オプションで8ラインまでの拡張ができ、
背面用(片端BOX型)との組み合わせなども可能です。
◇形状がすだれ形状のマット型となり、取付設置の工数を大幅に削減。

ケースから取り出して、そのまま置くだけの簡単設置!

仕様表

製品名 Seat Tracer
サンプリング周波数 1kHz(推奨:100Hz)
計測方法 マニュアル(ソフトウェアスタート)、外部トリガ(接点 IN/OUT)
シートパッケージA

座面用(ST2040A-1)×3、背面用(ST2040B-1)×1

スライダー×8、スライダー固定台×2、背面取付用テーブル、USBケーブル×8、USBハブ、ソフトウェア(計測・解析用)、収納ケース

シートパッケージB

座面用(ST2040A-1)×4

スライダー×8、スライダー固定台×2、USBケーブル×8、USBハブ、ソフトウェア(計測・解析用)、収納ケース

New!

シートパッケージC

ST2040C-1×6 ※固定板取付済

USBケーブル×12、USBハブ、ソフトウェア(計測・解析用)、収納ケース

ソフトウェア推奨環境 OS:Windows7・10 64bit、CPU:Intel Core i5 2.4GHz以上、メモリ:4GB、画面解像度:1024×768
センサ部

 

  座面用 背面用 シートパッケージC
型式 ST2040A-1 ST2040B-1 ST2040C-1
フレキシブル基板部 外観寸法 976mm 908mm 964mm
計測範囲 780mm
内蔵センサ 慣性センサ(3軸加速度、3軸角速度)
測定レンジ 加速度センサ:2,4,8,16G    角速度センサ:±2000deg/s
分解能 16bit
センサ数 40個
センサ間隔 20mm
制御部(制御ボックス) 外形寸法 60(W)×70(D)×19(H)mm
電源電圧 USB給電
消費電流 250mA以下
使用環境 0~50℃、85%RH以下(結露なきこと)

カタログダウンロードはこちら▶シートトレーサーカタログ

               シートトレーサーパッケージC

シートトレーサーデータをより正確に!! STデータ補正アプリケーション

カタログダウンロードはこちら▶STデータ補正アプリケーションカタログ

 


【大学研究所関連ページ】 ■東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol1 フォースプレート 発揮力・踏む力測定装置 動作解析東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol2 新型トレッドミル 歩行センサ・走行センサ 動作解析東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol3 9軸モーションセンサー競技用ボート アスリート スポーツ東京大学(東京都):医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート 摩擦計測 触覚計測東京医科歯科大学:大きなステップ動作の計測(スポーツ等)に適した大型のフォースプレート TF-6090鹿屋体育大学(鹿児島県):フォースプレート50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム鹿屋体育大学(鹿児島県):スポーツパフォーマンス研究センター論文情報 競技用ボートアスリート藤田医科大学(愛知県):藤田医科大学との共同開発により誕生した「リハビリテーション」に特化した製品も開発を行いました。大阪大学(大阪府):健康スポーツ科学講座木下先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!大阪体育大学(大阪府):石川研究室負荷制御型トレッドミルの動画を追加。フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型立命館大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型同志社大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型名古屋工業大学(愛知県):田中先生のご紹介でFabCafe 渋谷さまに「ゆびレコーダー」を展示いただくことになりました。近畿大学(大阪府):機械工学科五百井先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):保原浩明主任研究員 トレッドミル論文等情報


※株式会社テック技販は、京都府に本社がある日本の計測器メーカーです。小回りの利く開発で、時代の先端を行く 企業様・研究所様などの研究開発のお役に立っております。
多軸小型センサ・特殊ロードセル、計測器・データロガー、計測 制御ソフトウェア、試験 検査装置の設計、制作、特注品の製作など、お気軽にお問い合わせください。