製品情報

藤田医科大学共同開発

藤田医科大学との共同開発、患者様に効率的な歩行訓練を提供するプログラムを組み込んだ製品も開発しました。

特徴

片麻痺患者におけるBWST訓練(body weight support treadmill training)効果については有意義な改善が報告されています。
運動学習理論に基づき「同質な歩行」を「繰り返し」行うことで高い転移性と練習量を確保します。
トレッドミルと平地歩行では、立脚期・遊脚期の割合は同等であり、高い転移性が期待できます。

1.片側前後 健側は静止した状態で、患側を強制的に前後に動かします。
患側のステップが行えない方の訓練が可能です。
2.両足前後 患側と健側を交互に自動的に前後に動かします。
3.健側ステップ 静止位置から患側を前方に動かした後に、健側を患側に揃えると自動的に静止位置まで戻ります。 4.三動作 静止位置から患側と健側を前方へ動かして揃えると、自動的に静止位置まで戻します。
5.位置一定 歩行速度の向上を目的としたプログラムです。
トレッドミルの速度を自動的に調整することで歩行位置が一定となります。
6.歩行率一定 予め歩行率を床で求めて、そのデータを元にトレッドミル上でベルトを自動的に動かして、歩行の練習を行います。

 

トレッドミル 国内メーカー 自走式 床反力 フォース

【大学研究所関連ページ】
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol1 フォースプレート 発揮力・踏む力測定装置 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol2 新型トレッドミル 歩行センサ・走行センサ 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol3 9軸モーションセンサー競技用ボート アスリート スポーツ
東京大学(東京都):医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート 摩擦計測 触覚計測
東京医科歯科大学:大きなステップ動作の計測(スポーツ等)に適した大型のフォースプレート TF-6090
鹿屋体育大学(鹿児島県):フォースプレート50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム
鹿屋体育大学(鹿児島県):スポーツパフォーマンス研究センター論文情報 競技用ボートアスリート
藤田医科大学(愛知県):藤田医科大学との共同開発により誕生した「リハビリテーション」に特化した製品も開発を行いました。
大阪大学(大阪府):健康スポーツ科学講座木下先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
大阪体育大学(大阪府):石川研究室負荷制御型トレッドミルの動画を追加。フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
立命館大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
同志社大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
名古屋工業大学(愛知県):田中先生のご紹介でFabCafe 渋谷さまに「ゆびレコーダー」を展示いただくことになりました。
近畿大学(大阪府):機械工学科五百井先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):保原浩明主任研究員 トレッドミル論文等情報