製品情報

フォースプレート 50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム

世界初の計測用100m走路と野球フォースプレート計測システムです!鹿児島の鹿屋体育大学に設置しています。

1mサイズのフォースプレートを直線上に50枚並べたシステムです。
スターティングブロックの上はもちろん、走行直線に50枚ものフォースプレートを設置しています。
それにより短距離走における「スタート」→「加速」→「中間疾走」の一連の走りを連続的に計測できるようになりました。
また、気兼ねなく走行できるために、フォースプレートとフォースプレートの間を踏んでも6分力が計測できるようデータ処理が施されています。

鹿屋体育大学 スポーツパフォーマンス研究センター 論文情報はこちらから

システムイメージ

ご紹介動画

野球フォースプレートシステム

ピッチャーマウンド&バッターボックス

フォースプレートをピッチャーマウンドの下とバッターボックスの下に並べたシステムです。

全てのフォースプレートは同期して繋がれているので,ピッチャーの投球フォームで足にかかる力やバッターのバッティングフォームの重心移動以外にも、ピッチャーが投げてバッターが打つまでの一連の流れにおいての駆け引きが計測できます。

ご紹介動画

鹿屋体育大学のご紹介

鹿屋体育大学 SPLab

鹿児島県鹿屋市に本部をおく、全国で唯一の国立体育大学です。
広大なキャンパスの中の一つに今回ご紹介する「スポーツパフォーマンス棟」があります。
この施設は科学的検証を行う最先端研究設備を備えた屋内研究施設で、施設内には陸上トラック、ピッチャーマウンド・バッターボックス、グランドなどがあります。
テック技販のフォースプレートは陸上トラックとピッチャーマウンド・バッターボックスに設置されています。

鹿屋体育大学スポーツパフォーマンスセンターホームページはここをクリック

 

カタログダウンロードはこちら▶フォースプレートカタログ

【大学研究所関連ページ】
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol1 フォースプレート 発揮力・踏む力測定装置 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol2 新型トレッドミル 歩行センサ・走行センサ 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol3 9軸モーションセンサー競技用ボート アスリート スポーツ
東京大学(東京都):医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート 摩擦計測 触覚計測
東京医科歯科大学:大きなステップ動作の計測(スポーツ等)に適した大型のフォースプレート TF-6090
鹿屋体育大学(鹿児島県):フォースプレート50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム
鹿屋体育大学(鹿児島県):スポーツパフォーマンス研究センター論文情報 競技用ボートアスリート
藤田医科大学(愛知県):藤田医科大学との共同開発により誕生した「リハビリテーション」に特化した製品も開発を行いました。
大阪大学(大阪府):健康スポーツ科学講座木下先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
大阪体育大学(大阪府):石川研究室負荷制御型トレッドミルの動画を追加。フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
立命館大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
同志社大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
名古屋工業大学(愛知県):田中先生のご紹介でFabCafe 渋谷さまに「ゆびレコーダー」を展示いただくことになりました。
近畿大学(大阪府):機械工学科五百井先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):保原浩明主任研究員 トレッドミル論文等情報