お知らせ
製品情報

東京大学 医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生 カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート納入しました。

特徴

  1. トッププレート及びベースプレートに剛性が高く軽量のCFRP材を適応
  2. ひずみゲージ式でも固有振動数が高く、早い現象に追従
  3. 小型で軽量な為、取り回しが良い

主な仕様

・トッププレート及びベースプレート材 CFRP

・サイズ   100mm×160mm×38mm

・重 量   380g (ケーブル含まず)

・定格容量  Fx,=±10N、Fy=±10N 、Fz=+15N、

Mx=±0.9N・m、My=±0.5N・m、Mz=±0.6N・m

・固有振動数 Fx,Fy=370Hz、Fz=550Hz

・許容過負荷 定格容量に対し200%

詳細はこちらからどうぞ

 
【大学研究所関連ページ】
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol1 フォースプレート 発揮力・踏む力測定装置 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol2 新型トレッドミル 歩行センサ・走行センサ 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol3 9軸モーションセンサー競技用ボート アスリート スポーツ
東京大学(東京都):医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート 摩擦計測 触覚計測
東京医科歯科大学:大きなステップ動作の計測(スポーツ等)に適した大型のフォースプレート TF-6090
鹿屋体育大学(鹿児島県):フォースプレート50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム
鹿屋体育大学(鹿児島県):スポーツパフォーマンス研究センター論文情報 競技用ボートアスリート
藤田医科大学(愛知県):藤田医科大学との共同開発により誕生した「リハビリテーション」に特化した製品も開発を行いました。
大阪大学(大阪府):健康スポーツ科学講座木下先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
大阪体育大学(大阪府):石川研究室負荷制御型トレッドミルの動画を追加。フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
立命館大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
同志社大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
名古屋工業大学(愛知県):田中先生のご紹介でFabCafe 渋谷さまに「ゆびレコーダー」を展示いただくことになりました。
近畿大学(大阪府):機械工学科五百井先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):保原浩明主任研究員 トレッドミル論文等情報