論文・技術情報

鹿屋体育大学 スポーツパフォーマンス研究センター 論文情報

論文一覧

鹿屋体育大学 スポーツパフォーマンス研究センターに設置している長走路フォースプレートシステム(50mフォースプレートシステム)を用いた研究論文をご紹介させていただきます
タイトル 収録刊行物
Association of step width with accelerated sprinting performance and ground reaction force. International Journal of Sports Medicine 38: 534–540, 2017.
三段跳における助走歩数が跳躍パフォーマンスに及ぼす影響:単一事例による実験的検討. スポーツパフォーマンス研究 9: 512-527, 2017
Age-related differences in spatiotemporal variables and ground reaction forces during sprinting in boys. Pediatric Exercise Science 30(3):335–344, 2018
Association of sprint performance with ground reaction forces during acceleration and maximal speed phases in a single sprint. Journal of Applied Biomechanics 34: 104–110, 2018
Sensor insole for measuring temporal variables and vertical force during sprinting. Proceedings of the Institution of Mechanical Engineers, Part P Journal of Sports Engineering and Technology 232(4): 369–374, 2018
Spatiotemporal and kinetic determinants of sprint acceleration performance in soccer players. Sports 6: 169 (pp1-7), 2018
Step-to-step spatiotemporal variables and ground reaction forces of intra-individual fastest sprinting in a single session. Journal of Sports Sciences 36(12): 1392–1401, 2018
Vertical impulse as a determinant of combination of step length and frequency during sprinting. International Journal of Sports Medicine 39(4): 282–290, 2018
Kinetic demands of sprinting shift across the acceleration phase: novel analysis of entire force waveforms. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports 28: 1784–1792, 2018
How sprinters accelerate beyond the velocity plateau of soccer players: waveform analysis of ground reaction forces. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports 28: 2527–2535, 2018
Understanding the track and field sprint start through a functional analysis of the external force features which contribute to higher levels of block phase performance. Journal of Sports Sciences 37: 560–567, 2018
加速疾走パフォーマンスに関する近年の知見 : 長走路フォースプレートシステムを利用した研究を中心として. トレーニング科学30(3), 151-159, 2018
Age-related differences in kinematics and kinetics of sprinting in young female. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports 29: 800–807, 2019
Influence of the intention to lean the body forward on kinematics and kinetics of sprinting for active adults. Sports 7: 133 (pp1–8), 2019
Kinematic and kinetic differences in block and split-stance standing starts during 30 m sprint-running. European Journal of Sport Science 19: 1024–1031, 2019
External mechanical work done during the acceleration stage of maximal sprint running and its association with running performance. Journal of Experimental Biology 222: jeb189258: 1–8, 2019
A simple method for computing sprint acceleration kinetics from running velocity data: replication study with improved design. Journal of Biomechanics 94: 82–87, 2019
The location of the center of pressure on the starting block is related to sprint start performance. Frontiers in Sports and Active Living 1: 20: 1–6, 2019
Inertial measurement unit based hip flexion test as an indicator of sprint performance. Journal of Sports Sciences 38(1): 53–61, 2020
Thigh positioned wearable resistance affects step frequency not step length during 50 m sprint-running European Journal of Sport Science, in press
Force-velocity profile changes with forearm wearable resistance during standing start sprinting. European Journal of Sport Science, in press
Are peak ground reaction forces related to better sprint acceleration performance? Sports Biomechanics, in press
Calculation of the centre of pressure on the athletic starting block. Sports Biomechanics, in press
Ground reaction force across the transition during sprint acceleration. Scandinavian Journal of Medicine and Science in Sports, in press

技術情報

鹿屋体育大学 スポーツパフォーマンス研究センターに設置している長走路フォースプレートシステム(50mフォースプレートシステム)の詳細はこちらから!

【大学研究所関連ページ】
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol1 フォースプレート 発揮力・踏む力測定装置 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol2 新型トレッドミル 歩行センサ・走行センサ 動作解析
東京大学(東京都):野崎大地教授(野崎研究室)との共同研究のご紹介 vol3 9軸モーションセンサー競技用ボート アスリート スポーツ
東京大学(東京都):医用精密工学研究室 佐久間先生・小林先生カーボン素材の微小荷重検出フォースプレート 摩擦計測 触覚計測
東京医科歯科大学:大きなステップ動作の計測(スポーツ等)に適した大型のフォースプレート TF-6090
鹿屋体育大学(鹿児島県):フォースプレート50m走行路システムと野球フォースプレート計測システム
鹿屋体育大学(鹿児島県):スポーツパフォーマンス研究センター論文情報 競技用ボートアスリート
藤田医科大学(愛知県):藤田医科大学との共同開発により誕生した「リハビリテーション」に特化した製品も開発を行いました。
大阪大学(大阪府):健康スポーツ科学講座木下先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
大阪体育大学(大阪府):石川研究室負荷制御型トレッドミルの動画を追加。フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
立命館大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
同志社大学(京都府):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
名古屋工業大学(愛知県):田中先生のご紹介でFabCafe 渋谷さまに「ゆびレコーダー」を展示いただくことになりました。
近畿大学(大阪府):機械工学科五百井先生。世界最小クラスの小型3軸力覚センサ。スポーツ用具、福祉機器、ロボット開発などに!
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):フォースプレート内蔵型トレッドミルHPT型
国立研究開発法人産業技術総合研究所(茨城県):保原浩明主任研究員 トレッドミル論文等情報