製品情報

HapLog

指に装着して使用する、装着型荷重センサ

HapLog(Haptic skill logger)は指に装着して使用する計測器です。
モノをつかむ感覚(触感)を残したまま、把持力の計測が行えます。
操作力評価・ユーザビリティ―評価・教育やリハビリ効果の評価などにご利用頂けます。

 

特許登録番号 特許第5809452号

本製品はグッドデザイン賞を受賞しました

特徴

指腹を計測面に押し当てると、指腹が広がることで指が変形します。
この変形を、荷重に換算します。
指の変形量は取り付けた人や状況により変わります。そのため専用キャリブレーションユニットを使い
荷重と変形量の相関関係をキャリブレーションし、結果をもとに計測を行います。

校正(個人差によるデータ取得)

専用のキャリブレーションユニットを押し込みます。

指の変形量と、そのときの荷重量の相関関係が計測され、このデータをキャリブレーションデータとします。

計測

キャリブレーションデータを元に接触力を計測します。計測結果はCSVデータとして保存されます。

システム構成図

仕様表

型式 HapLog
構成 ウェアラブルコンタクトセンサ×1(サイズは購入時指定) 
コネクションBOX、キャリブレーションユニット、接続用ケーブル(USBケーブル)×2
インストールCD、取扱説明書、収納BOX
[パソコン性能]
対象OS Windows7・Windows8.1・Windows10
CPU Intel Core2 Duo 2.54GHz以上
接続 USBポート×2
[ウェアラブルコンタクトセンサ]
バリエーション 11mm、12mm、14mm、16mm、18mmの計5種類(内寸)
内蔵センサ ひずみ(システム上、キャリブレーションした結果の荷重値として表示)、加速度センサ(3軸)
[キャリブレーション ユニット]
定格容量 30N
分解能 16bit
[オプション品]
コネクションボックス外部トリガ対応(接点、IN)
※カメラ等との同期が可能になります。